健康型 有料老人ホーム


健康型有料老人ホームの説明健康型有料老人ホームは、介護がまだ必要ではないが、1人暮らしに不安を感じたり、老後を楽しみたい高齢者の方が入居できる有料老人ホームのことで、基本的に要介護となったら契約を解除し、退去しなくてはなりません。


ですので、あらかじめ介護が必要になった場合のことを考えておかなければなりません。


 健康型 有料老人ホームの入居基準



基本的には要介護の認定を受けておらず、自立している方が入居できることとなっています。


また入居後、要介護となった場合には、契約によっては退去しなくてはならない場合もありますし、訪問介護等を利用できる場合もありますし、介護棟があればそちらに移動したり、提携している介護付 有料老人ホームがあればそちらに移るなど、契約によってさまざまです。


 健康型有料老人ホームのメリット



万一の際の不安から開放される

新しい仲間ができる

毎日の生活にハリが出る

趣味を続けることができる


 健康型 有料老人ホームのデメリット



要介護となった場合に退去したり介護付き有料老人ホームに移らなければならなくなる


 健康型有料老人ホームの入居費用



健康型 有料老人ホームは、「介護付有料老人ホーム」、「住宅型有料老人ホーム」に比べると入居金(入居一時金)が高額な場合が多く、その分、月額費用は安くなりますが、当然、各健康型有料老人ホームによってそれぞれの費用は異なりますので、契約前に細かく確認しておくことが大切となります。



月に120万人が利用するLIFULL介護日本全国32,000件以上の高齢者向け施設(有料老人ホームなど)を掲載!



 

Copyright © 2006-2017 有料老人ホームガイド. All rights reserved

有料老人ホームの選び方TOP 有料 老人ホームの種類 健康型 有料老人ホーム