入居金(入居一時金)の保全義務


入居一時金の保全義務の説明有料老人ホームに入居するには高額な「入居金(入居一時金)」が必要になる場合が多々あります。


この入居金(入居一時金)は、月々の「居住費・上乗せ介護料」に充当されるべきお金となり、一定期間で償却され、償却する前に退去したり亡くなられた場合は、返還されなければなりません。


そこで、「平成18年(2006年)4月以降」に開設された有料老人ホームには、入居一時金などの前払い金がある場合は、「500万円or返済債務残高」のうち、低いほうの全額を保全しなければならないと定められています。


ただ、平成18年4月以前に開設された有料老人ホームにはこの規定は適用外となっていますので注意が必要です。


いずれにしても入居一時金の額は高額になりますので、契約前に保全されるのか?どれほどで償却されるのか?などを確認しておくことが大切になります。



月に120万人が利用するLIFULL介護日本全国32,000件以上の高齢者向け施設(有料老人ホームなど)を掲載!



 

Copyright © 2006-2017 有料老人ホームガイド. All rights reserved

有料老人ホームの選び方TOP 有料老人ホームの費用 入居金(入居一時金)の保全義務