入居金(入居一時金)


有料老人ホームの入居一時金の説明
有料老人ホームで最初にかかる費用が、「入居金(入居一時金)」です。


入居金(入居一時金)とは、その名の通り入居する際に必要な費用のことで、入居後、一定期間で償却され、償却前に退去、死亡した場合には、一定額が返還されることとなります。


しかし各有料老人ホームによって償却期間、返還される場合の計算方法が異なりますので、必ず事前に確認しておくことが大切となります。


また入居金(入居一時金)と似たような名称の、「入居申込金・施設協力金・終身利用権・入居保証金・前払い分施設利用料」など、さまざまな名称のものがありますが、これらは償却の対象とならず、返還されないものもありますので注意が必要です。


一般的に、入居時に2~3割償却され、その後3~15年以内で全額償却される場合が多いようです。ただ入居後90日以内に契約を解除した場合は、支払った入居一時金から利用したサービス料などを差引いた全額が返金されることとなっています(入居金(入居一時金)のクーリングオフ)。


 入居金(入居一時金)はお得?



有料 老人ホームの平均的な入居一時金は「約2,000万円」といわれていますが、億を超えるホームがあったり、入居金不要のホームもありますので、ご自身、または家族の経済状況や施設の設備などを考慮して決めなければなりません。


ただ入居一時金は基本的に、月々の「居住費・上乗せ介護料」に充当されますので、入居一時金を支払っていれば月々の負担額が少なくなりますが、支払っていない場合は月々の負担額が増えますので、まとまった金額を用意できる方は、この入居一時金を支払う形式のホームを選択すればお得となる場合もありますので、一概に入居金が高いからといってサービスなどが優れているわけではないので注意しましょう。


近年では費用の支払方法を複数、用意しているホームが増えています。



月に120万人が利用するLIFULL介護日本全国32,000件以上の高齢者向け施設(有料老人ホームなど)を掲載!



 

Copyright © 2006-2017 有料老人ホームガイド. All rights reserved

有料老人ホームの選び方TOP 有料老人ホームの費用 入居金(入居一時金)