納得するまで質問する


有料老人ホームを見学すると、担当者から色々な説明を受けますし、パンフレット、ホームページでも事前に情報を得ていると思いますが、それでも疑問に思ったり分からないことはたくさんあると思います。その場合は必ず質問し、納得するまで説明を求めることが大切です。


 疑問に思ったことや分からないことは質問する



有料老人ホームは主に民間業者が運営していますので、いかに入居してもらうかを考えていますし、質問されなければ都合の悪いことなどはわざわざ説明しないのが現実です。


ですのでこちらから質問しなければ、ホーム側にとって都合の良いことしか説明しないことが多いので、必ず疑問に思っていることや分からないことは質問しましょう。


「こんなことまで聞いても良いのかな?」と思うことでも何でも聞いてもOKです!逆に質問に対しての回答が曖昧なホームは、入居後もトラブルが生じることもありますので注意が必要です。


特に聞いておきたいことは、「費用」のことです。


入居金(入居一時金)の額と「償却期間・償却方法・初期償却額」は?

月額費用の内訳(食費や光熱費などは別途徴収されるのか)?

上乗せ介護料は?

個別契約サービス料は?

入居金(入居一時金)のクーリングオフは?

入居金(入居一時金)の保全義務は?


など、かかる費用を詳しく説明してもらうことが、後々のトラブルを防ぐことにもなりますので、必ず説明してもらいましょう。


また健康型有料老人ホームに入居する場合は、要介護になった場合のことも必ず聞いておきましょう。


その他・・・


退去しなければならない具体的な例

認知症になった場合の対応

医療の体制(協力医療機関、通院、入院時の対応)

現在の入居率

緊急時の対応

食事について(きざみ食、ミキサー食に対応しているか、どのような点に気をつけているかなど)

どのようなイベント、レクレーション、サークルがあるのか(その費用についても)

どのようなトラブル、苦情が多いのか、またその対処法


 有料老人ホームの見学のポイント



メモをとる

施設内のチェック

入居者・スタッフの雰囲気

有料老人ホームの体験入居



月に120万人が利用するLIFULL介護日本全国32,000件以上の高齢者向け施設(有料老人ホームなど)を掲載!



 

Copyright © 2006-2017 有料老人ホームガイド. All rights reserved

有料老人ホームの選び方TOP 有料 老人ホームの見学する際のポイント 納得するまで質問する