特定施設入居者生活介護


特定施設入居者生活保護の説明特定施設入居者生活介護とは、「都道府県・市町村」から指定を受けている、

有料老人ホーム
高齢者専用賃貸住宅
ケアハウス(軽費老人ホーム)
特別養護老人ホーム

に入居した際に利用できる介護サービスのことで、施設内のスタッフが介護サービスを提供する「一般型」と、施設が外部の事業者に介護サービスを委託する「外部サービス利用型」に分けることができます。


 特定施設入居者生活介護のサービス内容



食事

入浴

排泄

機能訓練


 自己負担額



特定施設入居者生活介護を受けているホームに入居する場合の自己負担額は、サービス利用料の「1割(定額)」で、要介護度、一般型か、外部サービス利用型かによって異なります。


またホームによってはスタッフの人員を増やして、「上乗せ介護料」を請求する場合もありますので、あらかじめ確認しておくことが大切です。


「室料・光熱費・食費・上乗せ介護料」は介護保険の負担外です。



月に120万人が利用するLIFULL介護日本全国32,000件以上の高齢者向け施設(有料老人ホームなど)を掲載!



 

Copyright © 2006-2017 有料老人ホームガイド. All rights reserved

有料老人ホームの選び方TOP 関連用語集 特定施設入居者生活介護